どん底の若者たちが純粋な欲望と冷酷な野心で夢を追う生き様をダイナミックに描く、初登場第1位を獲得した韓国メガヒット・アクションノワール

INTRODUCTION

韓国若手実力派No.1 イ・ミンホ待望の映画初主演

舞台は1970年、欲望が踊る地―江南地区を制覇する危険な野望が今、始まる!

韓国版「花より男子」の道明寺役をはじめ「シティーハンター in Seoul」「相続者たち」とドラマで立て続けに成功を収め今や不動の人気を誇る韓国若手実力派イ・ミンホが待望の映画初主演を飾る本作は、今までのロマンティックな役柄とは一転、野心溢れる鋭い眼差しと危険な拳を振りかざす激しいアクションシーンにも挑戦、男らしい新たな一面を見ることができる。共演には強烈なカリスマ性から繊細な演技力まですべて兼ね揃えたキム・レウォンが久々のアクション作復帰を果たしている。『マルチュク青春通り』『卑劣な街』に次ぐユ・ハ監督の街3部作の完結編として誕生した本作は、土地でお金を稼ぐ“不動産”という概念そのものが初めて生まれた1970年代の江南開発の時代を舞台に、どん底の若者たちが純粋な欲望と冷酷な野心で夢を追う生き様をダイナミックに描く、2015年韓国最大の話題作!

STORY

舞台は1970年。戸籍もまともにない生活をしながら実の兄弟のように暮らしてきたジョンデ (イ・ミンホ) とヨンギ (キム・レウォン) 。ある日、唯一の安息の場だった小さなほったて小屋さえ奪われた2人。さらに、やくざが介入した全党大会の妨害作戦に巻き込まれ、ジョンデとヨンギはお互いを見失ってしまう。3年後、自分を家族として受け入れてくれた組織のボス出身のギルス (チョン・ジニョン) の願いとは裏腹に、成功したいという夢だけでやくざの生活を始めたジョンデ。情報と権力の中心に通じているミン社長 (キム・ジス) と一緒に江南開発の利権争いに飛び込んだジョンデは、明洞派の中堅ボスになったヨンギと再会する。敵同士となったジョンデとヨンギに、政界まで介入した義理と陰謀、そして裏切りが渦巻く江南の土地を巡る争いが始まる…。

CHART

CAST&STAFF

キャスト

イ・ミンホ / キム・ジョンデ役

2005年に出演したドラマ「アイ・アム・セム」で俳優デビュー。その後、「花より男子 ~Boys Over Flowers」の道明寺役で大ブレイクを果たす。以降、「シティーハンター in Seoul」「相続者たち」でヒットを連発しアジア各国で絶大な人気を誇る若手実力派No.1の地位を確立させる。本作が待望の映画初主演作となり感情豊かな役と厳しいアクションシーンに挑戦している。

<主な出演作>
ドラマ
「相続者たち」(13)、「シンイ-信義-」(12)、「シティーハンター in Seoul」(11)、
「花より男子 ~Boys Over Flowers」(09)

キム・レウォン / ペク・ヨンギ役

ドラマと映画の両方で活躍する俳優キム・レウォンは、ラブコメディー、ヒューマンドラマ、アクション、ギャング映画と幅広く出演してきた。同じアクション映画であった『ひまわり』に続く本作では、役作りのため15キロも体重を落として“ヨンギの滲み出る危機感”を表現し、大胆かつ陰険な裏切りを全身全霊で演じた。

<主な出演作>
映画 
『マイ・リトル・ヒーロー』(13)、『仁寺洞スキャンダル ~神の手を持つ男~』(09)
ドラマ
「千日の約束」(11)、「食客」(08)

チョン・ジニョン / カン・ギルス役

韓国が誇る名バイプレーヤーとして活躍してきたチョン・ジニョンはユ・ハ監督の作品全てに出演し、監督のスクリーン上の分身とも言われる。本作で彼が演じたのは父親的存在として暴力団員達の面倒を見てきたが、実の娘にとっての良き父親となるためその座を捨てた男。若き2人の主演にとって、チョン・ジニョンに勝る助演俳優はいない。

<主な出演作>
映画 
『国際市場で逢いましょう』(14)、『7番房の奇跡』(13)
ドラマ
「トンイ」(10)、「風の国」(08)

ソリョン(AOA) / カン・ソネ役

ガールズグループ「AOA」のメンバー。グループ活動だけでなく女優としても活躍の場を広げ、ドラマ「いとしのソヨン」でデビューした彼女は「おバカちゃん注意報~ありったけの愛~」でも好演を博し、今後が期待される女優の1人。

<主な出演作>
ドラマ
「おバカちゃん注意報~ありったけの愛~」(13)、「いとしのソヨン」(12)

スタッフ

監督:ユ・ハ

2002年製作の映画『情愛』で脚光を浴びる。ストーリーに焦点をあてながら、役者達から最良の演技を引き出す演出方法に定評のあるユ・ハ監督の代表作は『マルチュク青春通り』(2004年製作、クォン・サンウ主演、内向的な若者を描いた物語)、『卑劣な街』(2006年製作、壮大なギャング映画)、そして『霜花店-運命、その愛』(2008年製作)だ。本作『江南ブルース』では江南地区で全面的な再開発が始まった1970年代を描いている。

<主な出演作>
映画 
『凍える牙』(12)、『霜花店-運命、その愛』(08)、『卑劣な街』(06)、
『マルチュク青春通り』(04)